開催報告「中国語の発音の話をする会」

本日2019年2月16日(土)にオンラインで
「中国語の発音の話をする会」という座談会を開催いたしました。

中国語は始めたばかりという方から
中国語歴40年という超ベテランの方まで、
様々なバックグラウンドをお持ちの5名の方をお迎えして、
共同主催のちゃーちゃん@中国さんと7人で発音に関するお話をしました。

台湾と大陸それぞれの中国語の違いや
英語や日本語との違いの話、それに教育の話にまで話題は広がり
大変楽しく勉強になりました。

特に印象に残ったのは
「中国語を上手に話すには腹式呼吸、音を響かせるのが大事」ということでした。

日本語って、普通の会話では口先だけでぼそぼそーって言っても通じるのですが、
中国語ではそうはいかない!
はっきり大きな声をだしてナンボってところがありますね。

中国大陸だと特に人数が多いから、声を大きくして主張しないと聞いてもらえない
という説も面白かったです。

あと、私がとても興味を持ったのがIPA「国際音声記号」です。
中国での中国語教育ではそれが使われていたり、台湾の英語の辞書にも使われているそうです。
日本でも英語や中国語を教えるのにIPAを使っては?という考えがあるそうです。
とても興味深い!!
さっそく研究してみたいと思います。

ご参加いただいた皆様、大変ありがとうございました。

2 件のコメント

  • わたしも中国語の発音に興味があります。また次回発音についての座談会など開催される際には是非参加したいです。

    • コメントありがとうございます!
      はい、またブログ等でご案内いたしますので
      その時はどうぞよろしくお願いします。

  • 澤津ゆかり にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    語学に関するコミュニケーションの場を作っています。 ★やる気を育てる通訳学校【やるツウ】 https://www.facebook.com/yarukiwosodateru/ ⇒オンラインで「中検1級勉強会」等を定期的に開催しています。